チャルゲの視点

航空宇宙工学を学んで,畑違いの営業マンになった男が日々思うことをつぶやきます.

福岡空港の見所を航空学生が語る

チャルゲです.

今回は空港シリーズ第一弾として,福岡空港を取り上げたいと思います.

 

福岡空港とは?

f:id:uwithcharge:20181215120641j:plain

福岡空港は大都市・福岡にある空港で,九州の空の玄関口の役割を果たしています.

日本でも有数の大空港で年間発着数は関西国際空港を差し置いて,羽田と成田に次ぐ第三位

まさに大空港です.

と言っても最近福岡は名古屋を差し置いて日本三大都市圏の一つに挙げられるようになってきているくらいです.

大きな空港があるのは当然ですよね(笑)

特徴は?

名実ともに九州最大の空港で,国内線と国際線どちらも就航しています.

国内線は日本各地の都市とつながっており,全国とアクセスが良好です.

特に東京と福岡を結ぶ便は人気です.

僕が就活で東京に行ったときも福岡から来ているという学生はみんな飛行機を利用していましたからね.

東京と福岡を行き来するなら飛行機がメインですね!

また,国際線はアジア・オセアニアがメインです.

主に中国・韓国の観光客が多いのですが,近年は福岡の人気の高まりから欧米の観光客も増えてきています.

更にこれが重要なのですが,空港と市街地の距離がめちゃくちゃ近いです.

博多駅まで空港から2駅で行くことができます.

飛行機の時間ぎりぎりまで大都市・博多で遊ぶことができるのは大きな魅力です.

博多駅の近くはおいしいラーメン屋さんがあったり,大きなショッピングモールがあったりと遊びどころがたくさんあるのでおすすめです.

僕自身,福岡から帰るときはぎりぎりまで遊びました(笑)

僕らが旅行終わりに博多で食べたもつ鍋の写真を載せておきます.

f:id:uwithcharge:20181206114521j:plain

非常においしかったです!

他にもラーメンもおいしそうなところがいっぱいあり,目移りしました(笑)

日本一最後まで観光を楽しめる空港だと思います.

どんな施設がある?

f:id:uwithcharge:20181206113237j:plain

ターミナル内にはフードコートとお土産屋さんがあり,特にお土産屋さんが充実しています.

フードコートは博多ラーメンなどの九州名物からチェーン店まで幅広くそろえられており,逆に選ぶのに苦労するほどです.

少し疲れたので食べなれたものを食べたいという要望にも,九州の名物を食べたいという要望のどちらにも応えてくれます.

お土産屋では九州各地の特産物を用意しており,福岡空港限定のものまであります.

もしお土産を買い忘れても,間違いなくここで買うことができます.

マスコットキャラクターは?

f:id:uwithcharge:20181206113320j:plain

マスコットキャラクターは「ふっく~くん」です.

ただグッズ化はされていないようで,写真のようにスタンプがあるだけと非常に寂しい状況でした.

マスコットキャラクターで頑張らなくても,十分に集客できているから力を入れてないのだと思われます.

できることなら僕みたいな空港ファンのためにグッズ化してほしいですね(笑)

その他

f:id:uwithcharge:20181206113434j:plain

展望台へと続く階段には上のようなエアラインのロゴを集めた表があります.

世界にはいろんな国があり,その国ごとに航空会社があるので,その数は膨大になります.

見てみると驚くと思います!

また,展望デッキは夜に行くと飛行機やターミナルが光っていて,非常にきれいです.

f:id:uwithcharge:20181206114431j:plain

このようなきれいな風景は光の数が多い大きな空港でしか見れないので,一見の価値ありです.

恋人とのデートにも使えると思います!

まとめ

僕の九州一周旅行の始まりと終わりの地となった福岡空港についてまとめました.

一般的な小型空港と違い,施設が充実しているので乗り継ぎや待ち時間も退屈せずに過ごすことができます.

もし,利用することがあればぜひ施設内を探索してみてくださいね.