チャルゲの視点

航空宇宙工学を学んで,畑違いの営業マンになった男が日々思うことをつぶやきます.

城崎の深山楽亭にカニを食べに行ってきた

先週の土日に家族で城崎温泉に蟹を食べに行ってきました.

レンタカーを借りて1泊2日で行ってきたのですが,非常に楽しかったので記事にしたいと思います.

城崎温泉まで

f:id:uwithcharge:20181215234347p:plain

播但道を父さんと交代で運転しました.

借りた車はトヨタのVOXYです.

二人運転手がいたので,しんどい思いもすることなく目的地まで到着することができましたが,運転手一人で行くとなると難儀ですね.

僕が運転免許取るまではどこに行くにも父さん一人で運転していましたが,大変だったと思います.

ありがたみは小さいときには分からないものですね.

播但道は基本一本道で非常に走りやすく,快適に運転することができました

また,途中にはサービスエリアも30kmおきくらいにあるため,お手洗いに行きたくなった場合でも苦労せずに休憩することができました.

高速道路は空いていたのですが,城崎の旅館の近くは観光や温泉巡りをしている人がたくさん歩いているので,注意が必要でした.

旅館

温泉街から少し離れた「深山楽亭」という旅館に泊まりました.

深山楽亭は宿泊者に街の温泉のフリーパスを特典として付けており,温泉巡りをすることができます.ただし,温泉街に行くまで速い人でも10分少々歩かなくてはいけないので,お年寄りには少し厳しいかもしれません.

僕たちは祖父母と一緒に行ったのですが,彼らは温泉街まで歩くのには苦労していました.

ただ,時間を調整すれば送迎バスがあるのでそんなに問題はないと思います.

この送迎バスは温泉街を1時間かけて1周するので,もし逃してしまった場合は1時間待てばまたやってきます.

また,温泉街を1時間ほどで切り上げることですぐにバスに乗り込むことができます.

この送迎バスはJR城崎温泉駅まで行ってくれるため,電車で来た場合でも苦労することなく旅館まで行くことができ,非常に便利です.

 

城崎の街並み

朝の10時頃から5時間ほどかけて3時頃に城崎に着き,夕食の時間がまだあったので城崎の温泉街をぶらぶらしました.

雨が少し降っていて,非常に寒かったです(笑)

送迎バスが旅館から城崎温泉駅まで送ってくれたので,そこから旅館に戻るようなルートで散歩開始.

上の写真は城崎温泉駅です.

観光客がたくさんいましたね.

日本人外国人問わず様々なグループがいて,友達同士や家族,大学のゼミ旅行など多種多様でした.

温泉街を少し歩くとカニがたくさん売ってありました.

ところどころ生きているやつもいて,新鮮そうでした!

大きいのも,小さいのもいっぱいいました.

お値段もそんなに高くなく,お土産に買っていきたくなりました.

買いませんでしたが.

景観を損なわないようにファミリーマートも京都や金沢のようにおとなしい色をしていました.風情があっていいですね.

温泉街の真ん中を流れる川も非常に美しかったです.映画に出てくるワンシーンみたいですよね.

この日は雨が降っていたため,あまり写真を撮っている人はいませんでしたが,天気が良かった場合はインスタ映えスポットになると思われます.

有名なおせんべい屋さんがあったので,入店.

おいしそうなおかきがたくさん売ってあり,さらに試食販売もしていたので自分の好みのやつを選びやすかったです.しかも,上のように3袋で1000円とお値段もお手頃なため繁盛していました.

うちのばあちゃんがここで友達のためにせんべいを購入していました.

 

そのあとも但馬カバンの店などを巡って,旅館に戻りました.

12月は非常に寒く,さらに僕が行ったときは雨だったので靴も濡れて非常に冷えました.なので,もし行く機会があったら,しっかり防寒して出かけたほうがいいと思います.

カニ料理

夜ご飯はカニ料理でした!

量が多すぎて,本当に5人前かと疑うレベルでした!

めちゃくちゃ量が多かったです!

f:id:uwithcharge:20181218220547j:plain

おいしそうな大きなカニ.けっこうかわいい目をしているんですよね.

これを酢を付けて食べました.

カニ刺しもおいしかったです.

家族全員でおいしく食べて,最高に楽しかったです.

給仕の方は外国人で,それぞれインドとインドネシアから来ていると言っていました.

料理は日本人が作り,給仕は外国人がするというのが一般的になりつつあるという印象を受けました.

朝ごはんも朝からたくさんのご飯を出してくれて,但馬の特産物メインでした.

朝からこの量でおなかパンパンになりました(笑)

特に美味しかったのが但馬の漬物で,味噌が効いた味が非常に印象的でした.

まとめ

非常に楽しい旅行だったので,記事にしました.

家族でこういう風な機会を作ることができるというのは本当にうれしいことです.

就職してからもこんな時間を作れるようにしようと思います.