チャルゲの視点

航空宇宙工学を学んで,畑違いの営業マンになった男が日々思うことをつぶやきます.

北九州空港の見所を航空学生が語る

チャルゲです.

今回は空港シリーズ第二弾として,北九州空港を取り上げたいと思います.

 

北九州空港とは?

f:id:uwithcharge:20181215120805j:plain

北九州空港は福岡の小倉から近いところにある国際空港です.

近いと言ってもそんなに近くなくて,僕が小倉から行ったときは電車とバスを乗り継いで,だいたい1時間くらいかかりました.

まあ大阪市内と関空よりはましですね(笑)

主に国内線と韓国・台湾への便がメインで2006年に開港した比較的新しい空港です.

特徴は?

韓国のLCCが多数就航しているため,韓国に旅行に行く人が多く利用します.

僕はカンボジアに行くときに韓国経由だったのでこの空港を利用したのですが,周りは韓国人ばかりでした.

福岡に観光に来る韓国人は多く,お値段の観点から福岡空港よりも北九州空港を選ぶ人が多いようです.

また,博多よりも小倉に近いので,小倉に用事がある場合は国内線でもこの空港を利用する場合もあります.

どんな施設がある?

f:id:uwithcharge:20181206115108j:plain

特徴的な施設として足湯があり,100円で入ることができます.

特に,韓国資本の航空会社を利用した場合は無料で入ることができます.

僕も韓国経由でカンボジアに行くときに韓国のLCCに乗ったので,その特典で利用しました.

天然足湯ってわけではないのですが,待ち時間を潰すには十分なクオリティだと思います.

僕は空港に早く着きすぎて時間が余っていたので,30分くらい浸かっていました(笑)

僕以外にも結構入っている人はいっぱいいて,しかも入っている時間が長かったです.

正直空港内で時間を潰せるスポットはそんなに多くないため,みんな足湯で時間を潰していたんでしょうね.

レストランもいくつかあり,フライトまでの待ち時間を潰すことができるようになっています.

特におすすめは北九州空港限定ラーメンです.

写真はないのですが,空港限定のラーメンがあって,わかめがたっぷりのラーメンでした.

おいしかったので,北九州空港を利用する際は食べてみることをおすすめします.

マスコットキャラクターは?

f:id:uwithcharge:20181206131952j:plain

マスコットキャラクターは「ていたん」です.

僕が初めて訪れた2017年3月にはマスコットキャラクターはいなかったのですが,2018年9月に再度訪れたときにはが空港のマスコットキャラクターに就任していました.

このていたんは元々北九州市の環境マスコットキャラクターでしたが,北九州空港にマスコットキャラクターがいないということで就任したそうです.

福岡全体がこの空港に力を入れようとしているのを感じますね.

上のストラップはクローバーの代わりにイニシャルが着いたものが売っていたのですが,あまりにも女の子チックだったためやめました.

上のやつでも十分女の子っぽいですが(笑)

その他

f:id:uwithcharge:20181206132329j:plain

空港入口はこんな感じでバス乗り場と直結しています.

北九州空港は最寄りの駅から空港バスで30分くらいの距離にあり,それ以外の交通手段がないのでおそらく利用するときはバスで行き来することになると思います.

f:id:uwithcharge:20181206132333j:plain

さすが環境都市・北九州市でこんなものが貼っていたりします.

もっとこの空港が有名になれば環境対策ももっと進むんだろうなあって思います.

まとめ

福岡・小倉にある北九州空港についてまとめました.

まだ歴史の浅い空港ですが,これから外国人観光客が増加するにしたがって利用者数も増えていきそうです.

特に韓国に行く人にとってはかなり使い勝手の良い空港になりそうです.

福岡第二の空の玄関口として活躍してくれると嬉しいです.

ぜひ利用してみてください.